トップページへ

GUNZY写真日記 ランボルギーニ
オフィスグンジ公式ブログ:常日頃の日常生活で気になった事…はまってしまった事…美味しいもの…楽しいものをご紹介…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ランボルギーニ:フランクフルトモーターショーで謎の新型車を初公開へ

40015090512.jpg

私の大好きな、イタリアンスポーツカーのご紹介です。

前回はランボルギーニ アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスターをご紹介致しました。
40015081924.jpg

■スーパー・ヴェローチェ・ロードスターのご紹介記事はこちらから。

で、今回は…ランボルギーニが9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15において、新型車を初公開するというのだ。コレは楽しみ…気になるのだ。

サイトによると…。

ランボルギーニが公式サイトで明らかにしたもの。フランクフルトモーターショー15で、新型車をワールドプレミアする、と発表している。

現時点では、車名を含めて、この新型車の内容は公表されていない。ただし、ランボルギーニは、公式サイトを通じて、予告イメージを配信。キーワードは、「The sky will never be the same」。

予告動画…イメージ動画があります。再生ボタンをクリックしてご覧下さい…コレ、観てしまうとさらに気になってしまうのだ。


この謎の新型車は現地時間9月15日12時20分、フランクフルトモーターショーの会場でワールドプレミアされるのだ。

で…ランボルギーニの公式動画…さらにどうぞ。


こんなのも…。


かなり楽しみだ!

9.15.15

[ 2015/09/09 05:49 ] 乗り物… | TB(0) | CM(0)

サークルK・サンクス限定:9月1日発売…京商:1/64スケール ランボルギーニ ミニカーコレクション6

40015083101.jpg

さ~て、ミニカーのご紹介…。

前回はプレイキャストのミニカーをご紹介…。ライトが点灯し…エンジン音もいいし…コレ…実に良く出来ているのだぁ。
40014113008.jpg

■プレイキャストのミニカーのご紹介記事はこちらから。

今回は、ダイキャストカーでは、とても定評のある京商製の1/64スケール ランボルギーニ ミニカーコレクション6のご紹介なのだぁ。コレが1/64スケールというサイズながら実に良く出来ているのだ。造りがいいのだぁ!

因みに…このシリーズ…京商製の1/64スケールミニカーでは以前には、ランボルギーニ ヴェネーノミニカーコレクションをご紹介致しました。コレが実に良く出来ているのだ…コレ、メチャヤバイって!

■ヴェネーノミニカーコレクションのご紹介記事はこちらから。
40014011406.jpg

で、今回の京商製の1/64スケールミニカーのご紹介ですが「1/64スケール ランボルギーニ ミニカーコレクション6」がサークルK・サンクス限定で9月1日(火)【先勝:防災の日/震災記念日】から発売されるのだ。

京商の説明によると…。

全国の「サークルK」「サンクス」でのみ(※)、数量限定で販売する「1/64スケール ランボルギーニ ミニカーコレクション 6」。人気の高いマシンばかりをチョイスした24種類+αを、ダイキャストモデルならではの重量感と存在感でお届けします。ブラインドBOXだから、どの車種、どのカラーリングなのかは開けてみてのお楽しみ。

でも、どれも京商ならではのリアルな出来映えの完成モデル。コレクションにうれしいディスプレイベースが付属して、集めるほどに、飾るほどに楽しさは加速する!
※一部の店舗によってはお取り扱いがない場合もございます。

具体的には…ライトウェイトモデル『ガヤルド スーパーレジェーラ』、ムルシエラゴのハイパワーエンジン版『LP670-4 スーパーヴェローチェ』、ひときわエッジな存在『ヴェネーノ』『ヴェネーノ ロードスター』など、最新かつコンセプチュアル・ランボを一挙にモデル化。これまた今回も凄いなぁ!
40015083103.jpg

■ランボルギーニ・ヴェネーノロードスターのご紹介記事はこちらから。
40013102304.jpg

なお、ブラインドBOXでの販売となるので、どの車種が入っているのかは開けてみてのお楽しみ…なのだ。ディスプレイスペースと、車種解説入りカードが同梱。
40015083102.jpg

で…シークレットモデル…なんだろ?メチャ気になるって…。

も、もしかして…ま、まさかの…アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスターか!?
40015081905.jpg

■スーパー・ヴェローチェ・ロードスターのご紹介記事はこちらから。

まっ、まさかね…。

■ランボルギーニ ミニカーコレクション6の詳細はこちらから。

ランボルギーニのミニカーと言えば…以前には、ランボルギーニ50周年ミニカーをご紹介…コレもいいんだよなぁ。堪りません!
071102.jpg

■ランボルギーニ50周年ミニカーのご紹介記事はこちらから。

そうそう…ランボルギーニのプロモーションムービーがメチャカッコイイのだ!かなりヤバイって!

で…ランボルギーニと言えば…イメージビデオも、凄いインパクトを放っているのだ!どれもが思わず惹き込まれてしまいそうな映像&サウンドなのだ!まさに映画の宣伝用のイメージ的な手法なのだ。緊張感があり、思わず惹き込まれてしまうのだ。凝りに凝っている。ずっと観てられるでぇ~。再生ボタンをクリックしてご覧ください。コレはマジでヤバいでぇ!

ってことで…ウラカンのイメージビデオ…これは凄いよなぁ!


さらには…ウラカンの最新テクノロジーを紹介しているムービーも…。


さらに、ランボルギーニの動画…カッコイイのだ。




はぁ~思わずため息や…どんだけカッコエエねん!ホンマにヤバイ。

あっ…こういうのも…。




いいねぇ!

ところで…美容室hairbar freedom…f-shirtその後…。
40015083110.jpg

東京都武蔵村山市の人気の美容室hairbar freedomさんでは、freedomオリジナルTシャツ、その名も「f-shirt」を制作っ!ってことで以前に「f-shirt」をご紹介…。
40015083104.jpg

■f-shirtのご紹介記事はこちらからご覧ください。

でだ…その後「f-shirt」第二弾が!満を持して登場やぁ!
40015083105.jpg

40015083106.jpg

40015083107.jpg

40015083108.jpg

もはや…ココまで!ホンマにこれ以上はムリや…後日にご紹介を…。

って言うたけど…もぉちょっと…。特別やぁ…。
40015083109.jpg

40015083111.jpg

でも、コレ以上のご紹介は…今はムリ…後日に改めてご紹介を致します…コレ…いいわぁ~!ってことで…改めて後日に…。

[ 2015/08/31 05:42 ] 雑貨・文具… | TB(0) | CM(0)

Lamborghini Aventador LP750-4 Superveloce Roadster:アヴェンタドールSVにロードスターモデル登場っ!

40015081901.jpg

私の大好きな、イタリアンスポーツカーのご紹介です。

前回は究極のドライビングスリルをもたらす究極のパワー…フェラーリ488GTBのオープン・トップ・モデル「488スパイダー」をご紹介致しました。
40015080101.jpg

■488スパイダーのご紹介記事はこちらからご覧ください。

で、今回は…8月14日、米国カリフォルニア州で開幕した「モンテレー・カー・ウィーク」の一大イベント、「Quail」において、『アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスター』を初公開…同車は3月、ジュネーブモーターショー15で初公開された『アヴェンタドールLP 750-4 スーパー・ヴェローチェ』のオープン版。スーパー・ヴェローチェ(略してSV)が、クーペボディに続いて、今度はロードスターに設定されたのだ。
40015081923.jpg

因みに…SVのクーペボディはこちら!コレもメチャヤバくね?
40015030602.jpg

■SVのクーペボディのご紹介記事はこちらからご覧ください。

ってことで…今回はアヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスターのご紹介です。コレもめちゃくちゃカッコいいのだ!
40015081902.jpg

40015081903.jpg

40015081904.jpg

40015081924.jpg

40015081928.jpg

40015081925.jpg

40015081926.jpg

40015081927.jpg

40015081929.jpg

40015081930.jpg

アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスターは、『アヴェンタドールLP 700-4ロードスター』をベースに開発された最強グレード。因みにスーパー・ヴェローチェは、ランボルギーニの高性能車に冠されてきた伝統のネーミング。

ミッドシップに搭載される6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、専用チューニングを実施。最大出力は、プラス50hpの750hp/8400rpmを獲得する。カーボンファイバーの使用により、50kgの軽量化も実現し、車両重量は1575kgに。この結果、0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/hの驚異的な性能を達成する。

この性能は、クーペボディの0-100km/h加速2.8秒に対して、わずか0.1秒落ち。最高速350km/hは、クーペボディに肩を並べた。生産台数は500台限定。欧州での価格は、35万7000ユーロ(約4930万円)と公表されている。

ってことで…いつもながら性能も見た目もめちゃくちゃヤバイって!ホンマに息を呑む…美しさに言葉がない…。芸術的だわぁ!
40015081905.jpg

40015081906.jpg

40015081907.jpg

40015081908.jpg

40015081909.jpg

40015081910.jpg

40015081911.jpg

40015081912.jpg

40015081921.jpg

40015081922.jpg

40015081913.jpg

40015081914.jpg

40015081915.jpg

40015081916.jpg

40015081917.jpg

40015081918.jpg

40015081919.jpg

40015081920.jpg

素晴らしい!息を呑む美しさに言葉がない…。芸術的だ!

アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェ・ロードスターのご紹介の動画がございますので再生ボタンをクリックしてご閲覧下さい。この緊張感…素晴らしい。シビれるわぁ~鳥肌が立つ…。


そして…アヴェンタドールLP 750-4 スーパー・ヴェローチェのご紹介の動画も…シビレます!かなりヤバイって!


Lamborghini Aventador LP750-4 Superveloce Roadster シビれるわぁ~鳥肌が立つ…マジでヤバくね?

ランボルギーニ…ってか、イタ車はどんだけカッコええんだろ!眺めて良し…走りも良し…まさに走る芸術品でもあり、走るテクノロジーでもあるし。本当に素晴らしいっ!イタリアンスーパースポーツ…本当に素晴らしいなぁ~。

[ 2015/08/19 05:34 ] 乗り物… | TB(0) | CM(0)

1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するグループ…ジャミロクワイ(Jamiroquai)

40015072801.jpg

私の大好きなミュージシャン…ジャミロクワイ(Jamiroquai)。

40015072802.jpg

ジャミロクワイ…いつものようにググってみると…。

ジャミロクワイ(Jamiroquai)はイギリスのバンド…アシッドジャズ(1980年代にイギリスのクラブシーンから派生したジャズの文化。ジャズ・ファンクやソウル・ジャズ等の影響を受けた音楽のジャンル)の世界では最も成功したグループのひとつ…。1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するグループとなりました。で、ジャミロクワイが日本に登場した時…はじめて知った時…聴いた時、観た時…私には、まさに衝撃でした!そのジャミロクワイのヴォーカリストはジェイ・ケイ。ジェイ・ケイ…ジャミロクワイこそが、マイナーだったアシッド・ジャズをロンドンから日本にまで波及させたといってもいいかも…。
40015072803.jpg

サウンドはとってもファンキー且つ、グルーヴなサウンドで、とってもクールでカッコイイんです!また映像もとても凝っていて素晴らしいのだ。最近ではカップヌードルの宣伝でも広く知られる事になりました。

アルバム「ロック・ダスト・ライト・スター」のプローモーションビデオ&サウンドがとにかくカッコイイんです。
400jk1.jpg

ってことで…アルバム「ロック・ダスト・ライト・スター」のプローモーションビデオを。まずは下記の再生ボタンをクリックしてご閲覧ください。


前作では「Runaway」が大ヒットしました。そのビデオです。とってもファンキーでグルーヴでイケてます!


こちらはかなり前の大ヒット曲「Canned Heat」です…。サウンドもカッコよいのですが映像的にとっても凝っていて面白いです…ダンスもカッコイイし…。


同じく、以前にはこんなカッコイイ曲もあります!
「Deeper Underground」この映像…すごく緊張感があります。


Virtual Insanity:コレ…インパクトがあるよなぁ!


Cosmic Girl:ジェイ・ケイの愛車フェラーリや、ランボルギーニがメチャいい!イタリアンスーパーカー堪りません!


Feels Just Like It Should:まるで映画…素晴らしい映像なのだ!


White Knuckle Ride:ジェイ・ケイが愛機…ヘリコプターを操縦!


Blue Skies:こういうのっていいんだよなぁ!


ジャミロクワイ…ジェイ・ケイっていい!堪りません!

[ 2015/07/28 05:35 ] 音楽… | TB(0) | CM(0)

蘇える金狼…ランボルギーニ カウンタック LP 500S…ウルフカウンタック

40015042301.jpg

40015042302.jpg

イタリアンスーパーカー:ランボルギーニ…いいわぁ!

■ランボルギーニのご紹介記事はこちらからご覧下さい。

以前に、週刊でモノ作りが楽しめる本…毎週発行される本には付録?として実際に手にとって組み立てて、その本のシリーズ全てを揃えて組み立てると、素晴らしい物が出来上がるという、モノ作り&ホビーを楽しむ本…DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン社の出版物…パーツ付き週刊シリーズ:週刊 ランボルギーニ カウンタック LP 500Sをご紹介…。
40013091405.jpg

■週刊ランボルギーニカウンタック LP500Sのご紹介記事はこちら。

週刊ランボルギーニカウンタック LP500S…紹介動画もございます…。再生ボタンをクリックしてご覧ください。コレは素晴らしい!


DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン社の説明によると…「カウンタック LP 500S」は1974年に発売された「LP 400」をベースに、当時F1チームのオーナーでもあった「ウォルター・ウルフ」が、ランボルギーニ社に特別に作らせたカスタムマシンで、“ウルフカウンタック”と呼ばれる。その“ウルフカウンタック”は、1976年の2号車(青色)、1978年の3号車(黒色)と計3台作られたが、赤の車体は1号車だけで、“世界にたった1台のスーパーカー”となった。

その世界にたった1台のスーパーカー:ウルフカウンタックと言えば…1979年8月4日に封切り公開された映画…蘇える金狼(よみがえるきんろう)…にて、松田優作演ずる朝倉哲也の愛車にもなったまさに文字通り伝説のおクルマなのだぁ。
40015042303.jpg

改めて、映画…蘇える金狼とはいつものようにググってみると…。

『蘇える金狼』(よみがえるきんろう)は、大藪春彦の小説。これを原作とした同名の映画、テレビドラマが多数製作されている。

あらすじ:
「動く標的、撃ち落とせ!」 「気をつけろよ、刺すような毒気がなけりゃ、男稼業もおしまいさ―」 昼は平凡なサラリーマン、しかし夜には組織へ反逆の牙を剥く一匹の狼へと変貌する主人­公朝倉哲也。彼は鍛え上げられた肉体と天才的頭脳を武器に、自らの野望を果たすべく、­悪の限りを尽して大企業や暴力団へ次々と挑んでいく。そしてついに掴んだ栄光の果てに­彼が見たものは...。     

松田優作演ずる朝倉哲也が、メチャハードでメチャカッコ良かった!もはや…これはもう、松田優作という俳優を堪能するための作品だと思う…。ダイジェスト版の動画がございますので再生ボタンをクリックしてご覧下さい。とにかくいいんだわぁ!この曲…前野曜子の蘇える金狼のテーマ…今でも印象に残っています。


で、この映画で登場するのは、その世界にたった1台のスーパーカー:ウルフカウンタックなのだ!コレが実にカッコいいのだ!ウルフカウンタック登場シーンです…再生ボタンをクリックしてご覧下さい。


世界にたった1台のスーパーカー:ウルフカウンタックは朝倉哲也の愛車として映画に登場し、その後もしっかりと動態保存がされています。動画がございますので再生ボタンをクリックしてご覧下さい。いいわぁ!しかも映画時のナンバー…「30-82」のナンバープレートが同じなのだ!コレはスゴイ。まさに松田優作演ずる朝倉哲也が乗った…劇中で使用されたおクルマなのだ!


改めて、ウルフカウンタックの説明、解説の動画がございますので再生ボタンをクリックしてご覧下さい…いいわぁ!勿論、ナンバープレート…変わらずです!LAMBORGHINI WOLF COUNTACH


ランボルギーニ カウンタック LP 500S…ウルフカウンタック本当にカッコいいわ!そして松田優作演ずる朝倉哲也が、とにかくストイックでハード…カッコよくて、全身がしびれ鳥肌が立ちます!とにかく緊張感…空気感がスゴイ!

で、ランボルギーニ カウンタック LP 500S…ウルフカウンタックはミニカーも…ヤバイって!
071102.jpg

■ランボルギーニ50周年ミニカーのご紹介記事はこちらから。

ところで…ランボルギーニ カウンタックと言えば…カウンタック・リバース…が思い浮かびます…。

カウンタック・リバースとは…ググってみると…。

ランボルギーニ カウンタックという車は、信じられないくらい後方視界が悪く、バック(リバース)する際はあまりにも危ないので、いつしかカウンタックのオーナーがドアを開けサイドステップに腰掛けて身を乗り出す様に後方を確認しながら運転(バック)する事から、このカウンタック・リバースという言葉が生まれました。

ただ、ドアを開けて後方確認しながらバックする事は、普通のドアを持つ車でも見られますが、このカウンタック・リバースという言葉は、ガルウィング・ドアを持つ車だけに限定して用いられているみたいです。

ってことで、論より証拠?百聞は一見にしかず?で、カウンタック・リバースの様子の動画ございますので、再生ボタンをクリックしてご覧ください。併せてエンジン音もお楽しみください…。ヤバいわぁ!やられます!


いいねぇ…カウンタック・リバース…。素晴らしいのだ!でも…白衣姿のドライバーが…気になる…。

[ 2015/04/23 05:48 ] 乗り物… | TB(0) | CM(0)
プロフィール

GUNZY

Author:GUNZY
ようこそGUNZY写真日記へ…
お時間の許す限りお付き合いください。

GUNZY:QRコード
スマートフォン用へはこちらから
QR
Instagram
Instagramへはこちらから
Instagram
最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。