トップページへ

GUNZY写真日記 震災関連…
オフィスグンジ公式ブログ:常日頃の日常生活で気になった事…はまってしまった事…美味しいもの…楽しいものをご紹介…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

被災ペット…共に生きる…

4/13日付の讀賣新聞夕刊に「被災ペット 共に生きる」と言うタイトルで「被災ペット」を守る取り組みが紹介されていました…。
4001104161.jpg

新聞の記事によると…。

東日本大震災の発生から1ヶ月が過ぎ、長引く避難所暮らしの中で、ペットについて悩む人が増えている。集団生活の「お荷物」となり、やむなく捨てられるペットも。このため、避難所でペットと「共存」したり、飼い主とはぐれたペットを保護したりと、「被災ペット」を守る取り組みが、動物愛護にかかわる人たちの手で進められている。

と、記事に書かれています。震災で、ペットたちが飼い主さんと離れたり、又は、飼い主さんが避難所に非難するのにペットが連れて行けなかったりして、ペットが孤立しているのです。

しかし…その被災ペットを個人や、獣医師…そして動物愛護団体などが、ペットを預かり育てていると、記事は伝えています。「ペットは家族の一員」「せっかく助かったペットを失う悲しみを被災者に味わわせたくない」「ペットは離れていても被災者には心の支え」「預けているペットに会いに行くのが今の生きがい。預かっている人には感謝してもしきれない」って感じで、被災ペットへの思いは様々です…。

さらには…「ペットも大事な家族。今まで人を癒してくれたペットを今度は人が癒す番」とも。私もワンちゃんを飼っているので、この記事を読んでいて…胸が熱くなり、感動してしまいこみ上げてくるものがございます。特に、娘さんを、この震災で亡くし、愛犬ムムちゃんと過ごすのが生きがい…ムムちゃんと一緒に周辺の散歩するのが楽しみ…と言う方の話を聞いていて思わず涙が出てきました…。
4001104162.jpg
4001104163.jpg

動物…ペットは、まさに大事な家族です…。3/30日付でもご紹介(詳しくはこちらをご覧ください)をしましたが、保護や預かっている活動をされている方々…本当に頭が下がります。このような記事を読んで、愛犬ロックのことを益々大事に大切にしないと…と改めて思います。
スポンサーサイト
[ 2011/04/16 06:49 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

ラジオは友達…

私は、いつからかテレビをほとんど観なくなりました。観たい番組がない…というのと、テレビを観ているとその間、他の事ができなくなるようで…。ラジオだと「ながら聴き」が出来るのです…。やはりデスクワークや愛車のメンテナンスや洗車作業等ではラジオを聴きながら…が、私の生活の中では普通になってしまっているのです。ラジオは私の生活の中では、ほとんど欠かせない存在なのです…。

先月の大震災で、ラジオの重要性・必要性が改めてクローズアップされていますが、やはりラジオって大事ですし必要だと思います…。少なくとも私にはラジオ…絶対に必要で欠かす事はできないのです。

出演する側からしても…ラジオは、テレビとは異なり映像がない分、言葉のみで伝えなくてはならない為に、その技量が問われ、そのため「ながら聴き」をしていても充分に伝わってきます…。

今は、様々なラジオ局があり、ラジオ番組がありますね…。昔から聴いている番組…懐かしい番組…今も聴いている番組…ラジオ深夜便・パックインミュージック・オールナイトニッポン・セイ!ヤング・JET STREAM・ROCKETMAN SHOW!!等…たくさんあります…。そのどの番組も個性豊かで楽しく日々の生活の一部になっています。

因みに私が愛用しているラジオです…これが…実にシンプルでカッコいいんだなぁ~。いかにも…見るからにラジオしてます!!とっても気に入っています!
4001104091.jpg
4001104092.jpg

というわけで、ラジオは私にとっては欠かせない大事な大切な存在…ラジオがある生活…私は楽しんでいますし、充実しております。まさにラジオは友達です…。そのような方は多いのではないでしょうか…。

今…被災地ではラジオから情報を得ている方が多いと思います。様々な情報を発信しています…時には励まされたり…勇気や元気が出たり…少しでもお役に立てて、生活に溶け込んでいると思います。

先日、大変に大きな余震がございました…少しでも被害が少ない事をお祈りしております。改めて、東日本大震災により、多くの方の尊い命が失われたことに深い哀悼の意をささげます。同時に被災された方々へ、心からお見舞いを申し上げます。
[ 2011/04/09 07:12 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

モータースポーツ界からも…

震災した日本へ、熱い思い…メッセージ…が寄せられています。

自動車レースの最高峰F1世界選手権の開幕戦では、決勝スタート前に全ドライバーらが震災犠牲者へ黙とうを行いました。また、毎年開幕戦で恒例の集合写真でも「がんばろう、日本」のパネルが…。そして各ドライバーのヘルメットや、レース車両にもメッセージが入れられていました。
4001103311.jpg
4001103313.jpg

オートバイレースの最高峰MotoGPも同様に、ライダーらが震災犠牲者へ黙とうを行いました。こちらも同じく各ライダーのヘルメットや、レース車両にもメッセージが入れられていました。
4001103312.jpg

そして…レース終了後の表彰式では…。
4001103315.jpg

さらには…F1ドライバーが、大震災に見舞われた日本へむけて単語リレーでVTRメッセージを送っています。2011年のF1に参戦する24名の全ドライバーが参加し、各国のF1放送局に配信され世界が日本を応援しています。

「みんなで力を合わせて」「みんなで勇気をもって」「みんなで希望をもって」「みんなで前を向いて」「みんなで助け合って」「一緒に頑張ろう」「東北、一緒に頑張ろう」「日本、みんなで一緒に頑張ろう」 と…ドライバー達のリレーでメッセージを送っています…。再生ボタンをクリックしてご覧ください。


勿論、海外だけではなく、国内のモータースポーツ界からも…。チームがトランスポーター(略してトランポ:チームファクトリーから競技会場まで運ぶ車両)を使用し物資を現地に輸送したりしています。さらに震災被害に遭われた被災地の皆様、被災者家族の皆様の支援を行う為にドライバーらが立ち上がり「SAVE JAPAN」を設立し活動を行っています。
4001103314.jpg

モータースポーツ界からも、被災者を支援しています。世界中からの暖かい熱い想い…気持ち…メッセージ…活動…本当に有り難いですね。感動で涙が出てきます…。

SAVE JAPANのホームページはこちらからご覧ください
[ 2011/03/31 06:49 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

動物愛護団体 ANGELSさんの活動レポート…

3/22日付けでご紹介(こちらをご覧ください)をしましたが、その後も「東日本大地震の動物たちを救え!!」と言う事で、特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELSの皆さんが現地に向い、被災地でさまよっている動物達を保護し懸命の努力・行動で頑張っています。

「エンジェルズ」さんの活動日誌(こちらをご覧ください)…を読んでいると…。被災状況の悲惨さ…そして、取り残されてさまよっている動物達…そして保護されていく動物達…様々な活動の様子が詳細に紹介されています。

先日の活動日記を読んでいて…写真を見ていて…涙が止まらなくなってしまいました。勿論、その涙とは哀しい涙…も、ありますが…感動の涙もございます。下の写真は活動日誌より紹介です。

人々が助け合ったり協力しあったり…動物達を懸命に保護したり…。車にはフード等必要な物資を満載し現地入りしています。4001103302.jpg

下の写真も活動日誌からの紹介になりますが、被災後には飼い主さんが避難場所に動物を連れて行く事が出来ないために、こんな仔達があちこちに居るようです…心が痛みます…しかし、どうする事も出来ないのが現実です…。ご家族はどんな思いで、張り紙にこの文字を記されたか…そう考えるだけでも思うだけでも…辛いです。
4001103301.jpg

しかし…先日の活動日誌を見ました(以下は活動日誌より)…この仔をエンジェルズさんが保護し預かっていたら…(その話を聴きつけ)この仔の飼い主さんが…恐らく非難して少しばかり落ち着いたのでしょう…エンジェルズさんの所に出向き…久々の再会を果たしました…。避難場所を転々と変わっていらして、残念ながらこの仔はまだお迎えする事は出来ませんが必ず帰れる所があると思います…。そして飼い主さんが、涙涙でお礼を言ってました…さらには、ワンちゃんに「ごめんね」と伝えておきました…との事です…。もぅ…涙が止まらないです…。

以下は、飼い主さんからエンジェルズさんへのメッセージのご紹介です。

動物愛護団体 ANGELS様

この度は、大変ご迷惑をおかけし誠に申し訳ありません。また○○を保護していただき本当にありがとうございました。先程、お電話した飼い主です。
避難場所のいわき市草野中学校から、会津美里町(旧新鶴村)へ町全体で避難することとなり、自家用車にガソリンがなく、バスで移動するしかなく、ダンボールに入れて連れて行こうとしましたが無理でした。
こちらに来て、○○が餓死する夢を見て、母には毎日攻められ、心が折れそうでしたが、○○○の住職さんからANGELSさんで保護していただいたと聞き、母と二人で泣きました。○○を置いてきてしまったことを深く反省しています。
早く○○に会える事を心の支えにし、生きます。早く迎えに行きたいです。
また、○○の面倒を見ていただいている方にも心から感謝いたします。本当にありがとうございます。布団の上でひなたぼっこが大好きな子です。何とぞよろしくお願いいたします。

と…あります…。

もし、私が被災していたら…(愛犬の)ロック…どうなるんだろう~って考えたり思ったりするだけでも辛く哀しい…です。心が痛くなってしまいます…。

改めて、東北地方太平洋沖地震の被災に合われた方々、皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

そして…エンジェルズさん…引き続き活動頑張ってください。

エンジェルズさんの活動日誌についてはこちらからご覧ください。本当に生々しいレポートで心が痛みます…しかし、とっても感動する事も紹介されています…。一人でも多くの方に、この活動を知ってもらえればと思います…助かる命が増える事を祈っています…。

■特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS:
 こちらからご覧ください
[ 2011/03/30 07:13 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

東日本大地震の動物たちを救え!!動物愛護団体 ANGELS!

先日の3/12付け(詳しくはこちらからご覧ください)でご紹介しましたが、迷い犬を保護し、私なりに色々と学びました…。そこで、東日本大地震の被災地の動物達…どうなってしまっているんだろうか…って探していたら…。

被災地でさまよっている動物を保護し他県のシェルターで一時預かりしてくれる団体の存在があります。既に被災地入りしているそうです。現場レスキュー隊募集…とし、同行してくれる方を募っていました。「東日本大地震の動物たちを救え!!」と言う事で、特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELSの皆さんが懸命の努力・行動で頑張っています。
4001103221.jpg

被災地の方で動物を預かってほしい方の要請も受け付けていました。そして募金も受け付けています。下記はANGELSさんからのメッセージです…。

被災地におられる方は、情報収集が出来ません。動物を預けれる事を知らずに、ガソリンが無い動かない車の中で動物と生活される方もおられます。また、フードが購入出来ずに、ご自身のパンやおにぎりを少しずつ与えてらっしゃる方も大勢おられます。預けれる事・フードなどが提供される事をどうか伝えてあげて下さい。被災地で、助けを待つ子達をリレーによって、安全な場所へ移動します。その後、一般のご家庭・シェルターで、飼い主様が安定されるまでお預かり致します。私達が出来る事は、飼い主様に安堵感を持って頂く事です。大切な家族同様のペットを大切にお預かりします。(無料)

動物のために何かしたいと思っている方、まずは下記よりホームページをご覧ください。

◆特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS:
  こちらからご覧ください。
◆NPO法人 動物愛護団体「エンジェルズ」の活動日誌:
  こちらからご覧ください。かなり生々しいレポートです。

エンジェルズさんでは、保護した動物達の里親を募集しています。詳しくはこちらをご覧ください。
[ 2011/03/22 07:13 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

Pray for Japan:世界中が祈ってます…

Pray for Japan

世界中のたくさんの人々が東北のために祈っています…。
世界中の皆さんの祈りを…応援を…被災者に届けている画像メッセージ集のサイトがあります。
その名も…「Pray for Japan(日本への祈り)」です。
4001103211.jpg

世界中の人々が東北の人たちに祈りをささげています。画像メッセージ集には各国の人々からの想いが伝わってきます…大きなチカラになると思います。

Pray for JapanのHPはこちらからご覧ください
[ 2011/03/21 12:34 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

震災支援:私にも燃料支援ができます…

3/19日付けの讀賣新聞朝刊に石油連盟より「緊急のお願い」と言う内容のお願いが掲載されていました…。
4001103201.jpg

これは、ガソリンをはじめ灯油等の石油製品の供給が非情に困難になっており、少しでも安定な供給が出来るようにと、緊急のお願いをしているのです。

「急がない」「控えめに」とは、ガソリンの消費を少しでも抑えてガソリンを入れる回数を少しでも減らす事が出来れば…それだけでも安定な供給が少しでも出来ると思います…。

つまり、燃料支援ですね!3/19付け(こちらをご覧ください)では「買い占め止めよう作戦」を紹介しましたが、これは物資支援になるでしょうし…。3/16付け(こちらをご覧ください)では、計画停電を体感…これは電力支援になりますし…。

今後も引き続き、皆さんのご支援…ご協力をお願い致します…。

◆石油連盟のホームページはこちらからご覧ください
[ 2011/03/20 06:50 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

「買い占め止めよう作戦」にご協力をお願い致します。

Twitterを中心に「買い占め止めよう作戦」が展開されているようです。節電を呼びかける「ヤシマ作戦(節電の呼びかけや、停電に伴う情報省収集、被災地への電力関係支援を行うプロジェクトです。詳しくはこちらをご覧ください)」に続き、ダチョウ倶楽部の決まり文句「どうぞどうぞ」から発想し「ウエシマ作戦」と命名された展開もあるようです。

こうした中で、買い占めを止める“わかりやすい画像”として、下の画像がさまざまなところで伝搬されている。この画像を作成した作者の方は「Twitter上でのツイートに共感し、それを元に作成させていただいたので、みなさんの協力があってこそのポスターです」とし、情報元のツイート、キャッチコピーのツイートを示してくれた。また、画像は再掲載・再配布自由とのことです。印刷して使う場合などは、画像PDF(画像PDFはこちらからどうぞ)を活用してほしいとの事です。必要に応じてプリントアウトしてご利用ください。尚、詳しくはこちらよりご覧ください
4001103191.jpg

さらに、この画像作者さんは以下のコメントを寄せています…。

現状、ポスターを配布してから1日もたたないうちに実際に掲示していただいたとの報告がいくつも来ており、予想以上の反響に正直驚いている反面、共感のメッセージがどんどん広がっていって、ポジティブな方向へ変わっていっている事にとても感動しています。「買い占め止めよう作戦」に共感し「デザイナーとして何ができるか」ということを考えた時に「情報をいかにわかりやすく・早く伝えるか」という部分でみなさんに協力できるのではないかとの思いで制作しました。

一人でも多くの方々に目に留めていただいて、次なるアクションへの一助へとつながる事を願っています。非力ながらも出来得るかぎり協力させていただきたいと思います。

と言う事です。私も是非ともこの「買い占め止めよう作戦」に参加させていただきます。皆さんのご協力をお願い致します…。
[ 2011/03/19 08:28 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

計画停電を体感…

東北関東大震災が発生し、必要な電力を確保するのが難しくなったとして14日の午前6時すぎから東京電力の管内を5つのグループにわけておよそ3時間程度計画的に止める「計画停電」を実施すると発表がありましたが、いよいよ…こちらも計画停電により停電になりました…計画停電=電力支援です…。

本当に街が停電すると真っ暗になるのです…。日頃は電灯や家の灯り…お店の灯り…等で夜は真っ暗にならないのですが、いざ、街が停電となるとこんなにも真っ暗になり不安になるのです…。
40003161.jpg

停電中に見回りの消防車が通過したところ…。
40003162.jpg

ロウソクで灯りを得ますが、やはりこれだけではとても暗く不安です…。
40003163.jpg
40003164.jpg

電気が無いと…暗くて不安で、寒くて…そして何もする事が出来ないのです。僅か数時間の停電なので、我慢も出来るし受け入れられますが…それが、ずっととなると…想像を絶する厳しさ…辛さ…大変さです。

改めて、電気のある普通の生活…普通の事が出来る事の幸せ…尊さ…大事さ…大切さを身を持って実感いたしました…。勿論、電気だけではなく、飲食料や燃料をはじめライフラインの大事さ…尊さも実感しました。

改めて、被災されました皆さまに心よりお見舞いと謹んでお悔やみ申し上げます。
[ 2011/03/16 21:18 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)

計画停電…

東北関東大震災が発生し、必要な電力を確保するのが難しくなったとして14日の午前6時すぎから東京電力の管内を5つのグループにわけておよそ3時間程度計画的に止める「計画停電」を実施すると発表がありましたが、いよいよ…こちらも計画停電により停電となります。

先日、小さい事…微小ながら…自分にできる事をやろう!って決めたことがあります。まずは節電…。そして節燃料…節水等を始めました。無駄な灯りを消し、さらには家では厚着をして暖房機の使用を極力控える…。

そして…もう一つ…できる事があります。

それは…このブログを、支援関連、情報関連の紹介の場に出来ればと思うのです。何か、情報をお知りの方でご紹介させていただける事がございましたら、是非ともご連絡下さい。少しでも多くの方々に支援情報や協力要請情報等をお知らせする事が出来ればと思います。右のフォームよりご連絡頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。
[ 2011/03/14 23:11 ] 震災関連… | TB(0) | CM(0)
プロフィール

GUNZY

Author:GUNZY
ようこそGUNZY写真日記へ…
お時間の許す限りお付き合いください。

GUNZY:QRコード
スマートフォン用へはこちらから
QR
Instagram
Instagramへはこちらから
Instagram
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。