トップページへ

GUNZY写真日記 モノクロ写真シリーズ4…東大和南公園:旧日立航空機立川工場変電所
オフィスグンジ公式ブログ:常日頃の日常生活で気になった事…はまってしまった事…美味しいもの…楽しいものをご紹介…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モノクロ写真シリーズ4…東大和南公園:旧日立航空機立川工場変電所

40013061701.jpg

40013061702.jpg

40013061703.jpg

40013061704.jpg

後日に、ご紹介を致します…お楽しみに…。

さて…ここからが本日の本題です…大好評?のモノクロ写真シリーズ…その4のご紹介なのだ…。

■前回のモノクロ写真のご紹介記事はこちらからご覧ください。

今回は…いつもとは異なり?カラーではなく、モノクローム(略してモノクロ)…白黒でご紹介…すると、いつもとは違った雰囲気になりますよね…。モノクロはカメラの設定で簡単に撮影する事が出来ます。色の情報がない分、写真の空気感や質感、被写体のかたちを強調し、時には重厚感と緊張感も表現する事が出来ます…モノクロシリーズって事で、今回はモノクロで撮影をしました…。

で、東京都東大和市にあります…東大和南公園に行ってきました…。となると…ココでしょ…この公園の一角にある、旧日立航空機立川工場変電所なのだぁ…。

ちょっとここで旧日立航空機立川工場変電所をググってみると…。

この変電所は、昭和13年から平成5年まで使用されていた変電所で、もともとは航空機のエンジンを生産する軍需工場への変電設備だったようです。第二次世界大戦の際には1945年2月17日以降、何回かに分けて機銃掃射を受け隣接していた工場は大破しました。しかし、こちらの変電所については壁などに弾痕を残しつつ大きな被害は免れることが出来ました。戦後はそのまま中の変電施設を更新しながら平成5年まで使用され続けました。

と言う事で、歴史上において大変貴重な施設になると思います…。平成7年には東大和市の文化財として指定されてそのまま保存されております。壁には無数の弾痕が残っており、一部は鉄筋までがむき出しになっています。よくこのままの状態で補修をせずに変電所として平成5年まで使い続けたことは凄いことだと思います…。

やっぱ…ココは特別な場所なのだ…。
40013061705.jpg

モノクロで撮影…本当にココは重い…まさに歴史そのものなのだ。
40013061706.jpg

かなり生々しい…無数の弾痕…痛々しい…です。
40013061707.jpg

40013061708.jpg

40013061709.jpg

東大和南公園…旧日立航空機立川工場変電所…ココは、改めて歴史上において大変貴重な施設と感じました。

■東大和南公園:東京都東大和市桜が丘2-106-2
関連記事
[ 2013/06/17 05:58 ] 景色・風景… | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GUNZY

Author:GUNZY
ようこそGUNZY写真日記へ…
お時間の許す限りお付き合いください。

GUNZY:QRコード
スマートフォン用へはこちらから
QR
Instagram
Instagramへはこちらから
Instagram
最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。