トップページへ

GUNZY写真日記 ソニーα7 II:世界初光学式5軸手ブレ補正機能を内蔵した35mmフルサイズデジタル一眼カメラ
オフィスグンジ公式ブログ:常日頃の日常生活で気になった事…はまってしまった事…美味しいもの…楽しいものをご紹介…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ソニーα7 II:世界初光学式5軸手ブレ補正機能を内蔵した35mmフルサイズデジタル一眼カメラ

40014112308.jpg

って事で、気になる…カメラのご紹介。

気になる…カメラって事で、前回は最高約10コマ/秒の高速連写と、高速で複雑な動きをする被写体の決定的な瞬間を捉える、卓越した動体撮影性能を備えたAPS-Cフラッグシップ機「キャノンEOS 7D Mark II」をご紹介致しました…コレが実にいいのだ。
40014110713.jpg

■キャノンEOS 7D MarkIIのご紹介記事はこちらからご覧下さい。

今回は2014年12月5日(金)【大安:国際ボランティアデー】に発売予定の、世界初※1光学式5軸手ブレ補正機能を内蔵した35mmフルサイズデジタル一眼カメラ …α7 II…をご紹介。コレがまたいいのだぁ!
40014112302.jpg

※1:35mmフルサイズセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。ソニー調べ。(2014年11月20日広報発表時点)

ソニーα7 II…メーカーの説明によると…。

35mmフルサイズセンサー搭載のデジタル一眼カメラとして、世界最小最軽量を有するα7シリーズの特長はそのままに、高画質性能を凝縮したモデルです。有効2430万画素35mmフルサイズExmor®(エクスモア)CMOSセンサーをブレに合わせて動かす光学式5軸手ブレ補正機能を搭載し、静止画撮影時にシャッター速度最高4.5段分※2の補正を実現。今まで三脚を使用しないと撮影が難しかったシーンにおいて、手持ちでもブレを抑えたよりシャープな静止画・動画撮影が可能です。フルサイズセンサーの高画質な描写を、より多くのシーンで手軽に楽しめます。また、ボディ内に手ブレ補正機能を搭載することにより、マウントアダプター(別売)を用いて装着したAマウントレンズでも、手ブレ補正機能を活用することができます。

※2:CIPA規格準拠。ピッチ/ヨー方向、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA装着時、長秒時ノイズリダクションオフ時。

世界初フルサイズセンサー対応の光学式5軸手ブレ補正機能をボディに内蔵

望遠撮影など焦点距離が長い時に起こりやすい角度ブレ(①ピッチ/②ヨー)やマクロ撮影時など撮影倍率が大きくなるに従い顕著に現れるシフトブレ(③X軸/④Y軸)、夜景撮影時や 動画撮影時などに目立つ回転ブレ(⑤ロール)などのさまざまなブレを5軸で検出し、静止画・動画撮影時に補正します。
40014112306.jpg

117点位相差AFセンサー(+25点のコントラストAF)による広いAFカバー範囲

広範囲に配置された117点位相差AFセンサーと25点のコントラストAFを画面の広範囲に配置。位相差AFセンサーの高い動体追従性を活かし、ピント合わせが難しい被写体でも広いAFカバー範囲で被写体を捉えます。

従来比※3約30%の高速化を実現したAFレスポンス

被写体位置を検出するアルゴリズムの進化により、レンズの駆動を最適化。さまざまな使用シーンで従来比※330%高速化したAFレスポンスを実現。

進化した動体予測アルゴリズムにより、従来比※3約1.5倍の追従性能を実現

進化した独自の動体予測AFアルゴリズムにより、被写体の次の動きを正確に予測し、従来比※3約1.5倍の追従性能を実現。さらに、高速連続撮影時(最高約5コマ/秒)にAF・自動露出(AE)が被写体を追従し続け、狙った被写体の一瞬の動きや表情を逃しません。また、追従する被写体のサイズを認識しながら最適なピント合わせを行う「ロックオンAF」は、進化した画像解析技術により動体の捕捉、追従性能が大幅に向上。

※3:『α7』と比較した場合。弊社測定基準において。

より洗練された操作性を実現

グリップは、大型の望遠レンズを装着時でも、撮影時に安定してホールドできる形状や高さを追求。併せて、より自然にレリーズボタンが押せるように搭載位置を前面に配置し、ボタンの大きさを拡大するなど、手ブレの軽減に配慮した設計を採用。撮影時の心地良さにまで配慮しました。また、好みにあわせて56種類の機能を割り当てられるカスタマイズボタンを10個搭載。 液晶モニターはチルト可動式を採用し、屋外などの明るいシーンでも高い視認性を実現するWhite Magic™(ホワイトマジック)液晶を採用しています。

さらに、ボディ表面には高級感のあるシボ加工を施しています。α7 IIはディテールまでこだわった操作性と質感により、道具としての完成度をさらに高めました。

ってことで、今まで三脚を使用しないと撮影が難しかったシーンにおいて、手持ちでもブレを抑えたよりシャープな静止画・動画撮影が可能…って、凄いわぁ!
40014112303.jpg

40014112301.jpg

40014112305.jpg

40014112304.jpg

コレは凄いよなぁ…見るからにいいわぁ!

そうそう…α7 IIのイメージムービーがあります…再生ボタンをクリックしてご覧ください。コレは凄いのだ!


さらに…もっと詳細な説明は…こちらのムービーをご覧ください。


■α7 II…メーカーHPはこちらからご覧下さい。

カメラ…カメラは生活の中で、無くとも困らないものです。でも、カメラがあったら生活がとても楽しくなるものだと思います。「カメラは楽しい!」その気持ちを忘れずにカメラのある生活を楽しみたいと思います…。
関連記事
[ 2014/11/23 05:11 ] カメラ… | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GUNZY

Author:GUNZY
ようこそGUNZY写真日記へ…
お時間の許す限りお付き合いください。

GUNZY:QRコード
スマートフォン用へはこちらから
QR
Instagram
Instagramへはこちらから
Instagram
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。