トップページへ

GUNZY写真日記 横浜元町で生まれた焼き立てパンのお店:ポンパドウル(POMPADOUR)のバタール
オフィスグンジ公式ブログ:常日頃の日常生活で気になった事…はまってしまった事…美味しいもの…楽しいものをご紹介…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横浜元町で生まれた焼き立てパンのお店:ポンパドウル(POMPADOUR)のバタール

40015081413.jpg

パン…いいんだよなぁ。私は大好きです!以前には東京都国立市のパン屋さん…Petit Ange:プチ・アンジュさんのパンをご紹介しました。
40015060410.jpg

■プチ・アンジュさんのご紹介記事はこちらからご覧下さい。

で、今回は横浜元町で生まれた焼き立てパンのお店:ポンパドウル(POMPADOUR)のバタールをご紹介…。

ポンパドウルの説明によると…。

ベーカリーといえば集中工場での大量生産が主流だった時代に、「焼き立てのパンの美味しさを、本格的な製法とサービスでお届けしたい」という想いを胸に、ポンパドウルは誕生しました。売り場に併設されたパン工房、厳選した小麦粉を用いて粉から仕込む本格的な製法、本場ヨーロッパの職人から受け継いだフランスパンとデニッシュの技術―そのひとつひとつに込められた“上質へのこだわり”を表現したのが、私たちのシンボルである「ポンパドウル・レッド」のパッケージなのです。

1969(昭和44)年11月29日、お洒落な街として人気を集めていた横浜・元町にポンパドウル第1号店がオープンしました。売り場のイメージコンセプトは「思い切り高級で優雅な欧風ベーカリー」。この売り場イメージが道行く人々の注目を集め、第1号店はオープン初日から嬉しい悲鳴が聞こえるほどの大盛況。元町のストリートには連日“ポンパドウル・レッド”の袋をもつ人々が溢れました。

ってことで、焼き立ての香りと共にお客様をお迎えする…と、言うコダワリの シンボルカラー「ポンパドウル・レッド」の袋が眩しい!40015090801.jpg

ポンパドウル・レッドの袋から丁寧に取り出すと…。
40015090802.jpg

さらに袋から出すと…。
40015090803.jpg

40015081414.jpg

バタールの登場!ポンパドウルの説明によると…中身と皮のバランスが良いフランスパン。見た目からしていいわぁ!ヤバくね?
40015090804.jpg

40015090805.jpg

40015090806.jpg

40015090807.jpg

トーストして焼くと…パリパリ感が堪りません!ヤバイって!

■ポンパドウルのHPはこちらからご覧下さい。

で…こっちも…堪りません!ヤバくね?
40015090810.jpg

40015090808.jpg

40015090809.jpg

いずれ話す時期が来たら話そう…。

関連記事
[ 2015/09/08 05:41 ] 美味しい… スイーツ… | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GUNZY

Author:GUNZY
ようこそGUNZY写真日記へ…
お時間の許す限りお付き合いください。

GUNZY:QRコード
スマートフォン用へはこちらから
QR
Instagram
Instagramへはこちらから
Instagram
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。