トップページへ

GUNZY写真日記 プジョー106xsiのオイル交換…FUCHS(フックス)注入の巻…
オフィスグンジ公式ブログ:常日頃の日常生活で気になった事…はまってしまった事…美味しいもの…楽しいものをご紹介…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プジョー106xsiのオイル交換…FUCHS(フックス)注入の巻…

今回は、愛車:プジョー106xsiのエンジンオイル交換作業を行う為にkubo's garage(趣味人のガレージ)さんに行きました…。
4001107102.jpg

まずは、オイルチェンジャーを使用してオイルを抜きます…。
4001107103.jpg
4001107101.jpg

ところで…kubo's garageさんは、乗り物を大事に大切にしていて、且つ精通しているだけに、エンジンオイルへのコダワリ…選択は、とてもうるさく厳しいのです。

そのkubo's garageさんが選んだエンジンオイル…kubo's garage認証オイル…もっと言うとkubo's garage公式オイルとは…。

ドイツ製のFUCHS(フックス)なのです…。ドイツ製工業製品…と聴くだけで、いかにも凄そう…いかにも良さそう…ですよね!
4001107105.jpg

ところで…ドイツ製のFUCHS(フックス)とは、どのようなブランドなのでしょうか…?メーカーの説明によると…。

FUCHS(フックス)は、1931年にドイツのマンハイムに設立された世界最大の独立系潤滑剤メーカーです。自動車のエンジンオイル、ATF、ギヤオイル、グリース、建設機械や農業機械の油圧作動油、機械加工の切削油、クレジットカードもFUCHSの潤滑剤でコーティングされています。軟膏や口紅も潤滑剤の一種です。FUCHSは潤滑剤のスペシャリストです。

FUCHSは、それぞれの分野で環境にやさしい生分解性潤滑剤を供給しています。自動車用エンジンオイルは、常に新しい技術を要求されています。

自動車は技術革新の源です。自動車メーカーは常に新しいデザインのエンジンを開発しています。そこには潤滑剤に求める基準が独自に設定してあります。自動車メーカーは、API(米国石油協会)やACEA(ヨーロッパ自動車工業会)が決めている基準よりはるかに厳しい条件を求めます。数十項目の条件すべてをクリアしないと、自動車メーカーの承認は得られません。FUCHSエンジンオイルは、このような厳しい条件をクリアしヨーロッパの自動車メーカーの承認を得ています。

メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、ポルシェ、オペル、BMW等…。自動車メーカーの生産ラインで充填されているオイルも実はFUCHSが採用されています。特にメルセデス・ベンツの乗用車100%にFUCHSオイルが初期充填されています。

との事で、今回はFUCHSのエンジンオイルを注入する事に…。kubo's garageさんは、このようなオイルブランドを使用しているなんて…さすがだなぁ~。

エンジンオイル交換後のフィーリングが、軽くなりよくなりました…。FUCHSのエンジンオイル…コレいいかも。今後は、オートバイにも注入する事にしました。

帰宅後には…思わずマフラーを眺める。う~ん…いい感じっ!
4001107104.jpg

FUCHSのエンジンオイル…今後はこのオイルを注入したいと思います。

■FUCHS(フックス)について、詳しくはこちらをご覧ください。
関連記事
[ 2011/07/10 06:09 ] kubo's garage… | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GUNZY

Author:GUNZY
ようこそGUNZY写真日記へ…
お時間の許す限りお付き合いください。

GUNZY:QRコード
スマートフォン用へはこちらから
QR
Instagram
Instagramへはこちらから
Instagram
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。