トップページへ

GUNZY写真日記 缶コーヒー「BOSS」&「ロータスコレクション:ロータス79」嬉しいっ!
オフィスグンジ公式ブログ:常日頃の日常生活で気になった事…はまってしまった事…美味しいもの…楽しいものをご紹介…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

缶コーヒー「BOSS」&「ロータスコレクション:ロータス79」嬉しいっ!

コンビニエンスストアに行って…缶コーヒー売り場に行ったら…スゴイのを発見っ!缶コーヒーにオマケがついている事はよくあることなのですが…。ミニカーが付いていて、そのミニカーがスゴイのです!

以前は、ランボルギーニのミニカーが…。ランボルギーニ・レヴェントンをゲットっ!コレがとっても凄かった…嬉しかったです!

■ランボルギーニ・レヴェントンについてはこちらからご覧ください。
40011082404.jpg

さらには…次のアイテム…ウルトラセブンで登場しましたポインター号…。コレ…実によく出来ていてカッコイイっ!コレも素晴らしいっ!

■ポインター号についてはこちらからご覧ください。
092303.jpg

さて、本日、11/8発売になりました今回の缶コーヒー「BOSS」のオマケは…ロータス歴代のF1マシンのダイキャスト製プルバックカーがオマケなのですが…1缶についているオマケと…2缶についているオマケがあるのですが…後者の方に付いているオマケがスゴイのだ!
40011110803.jpg
40011110804.jpg
40011110812.jpg

コレです!6種類の中から選べるのですが…私は迷わず…レースの戦績実績が素晴らしく、且つ、速さとボディデザインの美しさと相まって「ブラックビューティー」と呼ばれ、私的にはF1マシン史上もっともカッコよくて美しいと思えるレーシングカー…と言うことで迷わずロータス79を選びました…。コレ…実によく出来ていてカッコイイっ!素晴らしいっ!子供の頃からの憧れ…そして、そのボディデザインに惚れ惚れしていました。しかし、中々ミニカーでアイテムが無く…辛い思いをしていました…。それが、このような形で手に入り、思わず…童心?に戻りずっと眺めてしまいました…。
40011110805.jpg
40011110806.jpg
40011110807.jpg
40011110808.jpg
40011110809.jpg
40011110810.jpg

そして…裏面は…なんと?!このマシンの一番の特徴とされるウイングカーと言う事でウイング形状?!になっていました…。コレ凄すぎっ!ヤバイっしょ。出来すぎです!
40011110811.jpg

大きさもかなりデカイっ!全長約85㎜×全幅約40㎜とかなり大きいのだ!しかも…ダイキャスト製なので重量感もあります!コレは過去の缶コーヒーのオマケの中でも一番嬉しいなぁ~。

とても素晴らしい出来栄えに大満足です…。ただ…このミニカーに対して…一つばかり…苦情?があるのです…。それは、カー№5のドライバーは M・アンドレッティの為、ドライバー名は「Mario」となるのですが、実はこのミニカーには「Ronnie」となっております。そうです…「Ronnie」とは…伝説の名ドライバーのロニー・ピーターソンなのです。私はロニーが大好きだったので…こうなるとロニーのカー№6だったら最高なんだけれどね!それは贅沢と言うものです…いずれにしてもドライバー名とカー№が一致していないのが…心残りなのです…。

それにしても…缶コーヒーのオマケ…スゴイなぁ~。さすがは缶コーヒーの「BOSS」だわ。もはや…オマケと言う域を超えていると思いました…。車好きには堪らないのではないでしょうか…?コレを見て…早速にコンビニに…っていう方もいられるのではないでしょうか…?それだけのクオリティです!それだけのアイテムだと思います。

■缶コーヒー「BOSS」の「ロータスコレクション」についての詳細はこちらをご覧ください。きっと欲しくなってしまいますよ~。

ところで…ロータス79って、初めて聞かれる方…いらっしゃるのではないでしょうか…?そこで…いつものようにググってみました。改めて…ロータス79とは…?

ロータス79(Lotus 79/John Player Special Mk. IV)は、コーリン・チャップマンらがデザインしたロータスのフォーミュラ1カーで、1978年第6戦ベルギーGPから1979年まで実戦投入されて6勝(マリオ・アンドレッティ5勝、ロニー・ピーターソン1勝)を挙げた。5台製作され、5台とも現存する。第6戦ベルギーGPからデビューした「79」は、前年型マシンで「ウィング・カー」と呼ばれた「78」を空力面などでさらに発展させたグラウンドエフェクトカーである。この年、79は圧倒的な速さを見せ、そのボディデザインの美しさと相まって「ブラックビューティー」と呼ばれた。現在でも世界中のモータースポーツジャーナリストたちが「史上もっとも美しかったF-1マシン」として名を挙げる。アンドレッティはドライバーズチャンピオンを(年間2位はピーターソン)、ロータスがコンストラクターズチャンピオンを獲得し、これがロータスにとって最後のワールドチャンピオン獲得となった。

当時…子供ながらに、このマシンの美しさに心を鷲掴みにされました…鳥肌が立ちました…。本当にカッコイイ!こちらは…実車写真です!美しいしカッコイイですねぇ~。そのミニカーがオマケで手に入るだなんて…思ってもみませんでした…。ずっと眺めてはほくそえんでニヤニヤしながら楽しんでいます。ずっと観てられるわぁ~。まさにブラックビューティーなのだ!
40011110801.jpg
40011110802.jpg

勿論、この缶コーヒーは、このミニカーを眺めながら…美味しくいただきました…。恐るべし…缶コーヒー「BOSS」。 今後のオマケにも期待しちゃいます…次は何だろうか…今からとっても楽しみっ!

クラシックF1ファンには堪らないアイテムだと思います…。

関連記事
[ 2011/11/08 06:26 ] 雑貨・文具… | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

GUNZY

Author:GUNZY
ようこそGUNZY写真日記へ…
お時間の許す限りお付き合いください。

GUNZY:QRコード
スマートフォン用へはこちらから
QR
Instagram
Instagramへはこちらから
Instagram
最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。